前へ
次へ

インターナショナルスクールと義務教育

日本の場合、インターナショナルスクールは各種学校として扱われています。各種学校とは、学校教育法の第1条に規定される学校以外で、学校教育に類する教育を行う施設のことです。かつては、日本人の学生がインターナショナルスクールに通っても、義務教育を終えたとみなされませんでした。しかし法律が変わったことで、教育委員会に学習状況を報告することで、義務教育を終えたとみなされるようになっています。しかし、教育委員会によって、認める・認めない・態度保留と対応がバラバラなのが現状です。このようにとてもややこしいため、これから通う予定のインターナショナルスクールは、どうなっているかを確認しておくと良いでしょう。かつてインターナショナルスクールを出た学生は、日本の大学を受験するために、大検に合格しなければなりませんでした。しかし、条件が緩和されて、国際的な評価団体の認定を受けた施設であれば、直接大学受験することが可能になっています。そのため、国際的な評価団体の認定を受けているかを事前に確認しておく必要があります。

Page Top