前へ
次へ

インターナショナルスクールは日本人も通える

インターナショナルスクールは外国人の子供が教育を受ける場所のようなイメージがありますが、実際には日本人の子供でも通う事ができます。通う為には入校をする為の面接等をクリアする必要がありますが、面接では親と子供の両方から判断されます。つまり子供が条件をクリアしても親が条件をクリアしなければ入校を断られてしまうので、注意が必要です。しかしハードル的には親の方が子供よりは簡単な条件になりますから、そこまで不安になる必要はありません。先ず親に求められる条件としては英語が最低限できるのは当たり前として、インターナショナルスクールの教育理念を理解していて、尚且つその教育理念と親が考えている教育理念が一致している必要があります。考え方が余りにも違う場合は、トラブルに繋がるので入校の時点で断られてしまいます。子供の条件は英語ができる事であり、また最低限のコミュニケーション能力等もチェックされる可能性があります。多少は学校によっても違いがありますが、授業が英語で行われますから、英語の能力は絶対に必要です。

Page Top